HOME > 歯科ブログ > 2ページ目

歯科ブログ

口すすぎの回数は歯磨き粉の種類で決める!

口すすぎの回数は歯磨き粉の種類で決める!歯磨きでは必ず歯磨き粉を使う必要はありません。
水だけで汚れは十分落とせます。

ただし、用途が明確なら歯磨き粉を使う意味があります。
そんな時に注意したいのが、歯磨き後の口すすぎの回数です。
歯磨き粉の用途によって適切な回数があります。

口すすぎの回数は歯磨き粉の種類で決める!の続きを読む

チョコレートの上手な食べ方

チョコレートの上手な食べ方チョコレート大好きな人、多いと思います。

チョコレートというと虫歯になる歯の大敵と思われていますが、そのイメージは正しくありません。
チョコレートで虫歯にはなりません。

チョコレートの上手な食べ方の続きを読む

口や舌がピリピリするのは?

口や舌がピリピリするのは?口や舌がピリピリするという経験。
大半は一時的なものですぐに治りますが、注意が必要なものもいくつかあります。

口や舌がピリピリするのは?の続きを読む

舌の口内炎を治すには?

舌の口内炎を治すには?口内炎は舌にできてしまうと痛いだけでなく治りにくいので憂鬱になってしまいますよね。
舌の口内炎を上手に治す方法をお伝えします。
口腔ケアの基本中の基本。

まず、しっかりとした口腔ケアです。
口の中の雑菌を少なくして、清潔に保つことで口内炎の進行を抑えて治りを早くします。

そして、口内炎の軟膏を塗ります。
舌に軟膏を塗るので、難しいですよね。
それに舌は口の中でよく動くため、塗った薬もすぐ取れてしまいがちです。

そこで小さく切ったガーゼを活用します。
ガーゼに軟膏をたっぷりつけて舌の口内炎に貼り付けます。
口腔ケアのあとに貼るのが効果的です。

長時間貼ったままにしておくと誤嚥の危険もありますので、30分ほどでガーゼは取り除いてください。
ストレスの少ない規則的な生活を送ることも大切です。

嚥下(えんげ)障害を引き起こす疾患の特徴

嚥下障害

嚥下障害とは
食事をする際、『物を口に入れる』『噛む』『飲み込む』という一連の動作を行いますが、『飲み込む』ことが何らかの原因により上手く出来ない事を嚥下障害と言います。
ここでは、嚥下障害を引き起こす疾患の特徴をご紹介いたします。



嚥下(えんげ)障害を引き起こす疾患の特徴の続きを読む

フロスが苦手な人には糸ようじ!

フロスが苦手な人には糸ようじ! 歯の汚れ落としに大きな力を発揮するのがデンタルフロスです。
「でも扱いが難しくて」という人がいるかもしれません。
口腔ケアの介助をするときなど、なかなかスムーズにできないということもあるかもしれません。

フロスが苦手な人には糸ようじ!の続きを読む

歯が黒くなる原因

歯が黒くなる原因黒くなっている歯を見つけることがあります。
歯が黒くなっている場合はいくつかの原因が考えられます。

判断の目安をご説明します。

歯が黒くなる原因の続きを読む

虫歯?歯周病?それぞれ合った歯ブラシはコレ!

虫歯?歯周病?それぞれ合った歯ブラシはコレ!の続きを読む

歯茎から出血。改善する4つのポイント

歯茎から出血。改善する4つのポイント 歯茎からの出血は歯肉炎や初期の歯周病によるものが大半です。
出血したときは、なるべく早く歯科医師の診療をしてもらいましょう。


改善する4つのポイントをご説明します。

歯茎から出血。改善する4つのポイントの続きを読む

歯周ポケットは浅いうちに退治する!

歯周ポケットは深度によって対処法が異なります。

  • 3mm以上の深さがある場合は歯科医院で奥の歯石を取る必要があります。
  • 歯周ポケットが6mm以上ある場合は外科的処置が必要になることもあります。
  • 歯周ポケットが9mm以上ある場合は歯が相当にグラグラしています。
    抜歯するしか方法が無くなってしまいます。

歯周ポケットは浅いうちに退治する!の続きを読む

<<前のページへ12345678

アーカイブ

このページのトップへ