入れ歯

はじめに

しゃべりにくい、入れ歯を入れていると違和感が強い、気持ち悪くて入れてられない、金具が見えて気になる、
ご飯を食べていても味気ない、金属アレルギーがある、など不満や不安があると思います。

しかし、かみ合わせる歯がないままにしておくと、残存歯のかみ合わせが狂ったり、抜けてしまう原因になります。

また、隣の歯がない場合でも残った歯が傾いて歯周病になる原因となります。
歯が倒れてきてしまい噛めなくなったり、負担がかかり抜けてしまうこともあります。

入れ歯を入れていることで、かみ合わせが安定し、片足立ちなどの運動機能向上、集中力向上につながります。

当院は、歯科技工所を併設しており、歯科技工士と密な連携で、『しっかり噛めて使える』入れ歯にこだわっています。
入れ歯にお悩みの方は、当院までご相談ください。

しっかり噛めて使える入れ歯

しっかり噛めて使える入れ歯

訪問歯科診療などの現場で、介護ヘルパーの方から『ご飯の時に入れ歯を外している。
入れ歯があると食べづらいようで・・』などのお声をよく耳にします。
本来、失った歯の代わりを務めるはずの入れ歯が意味をなしておりません。
これは、製作過程において、しっかりとした手順や細かな微調整を怠っていることが原因として考えられます。
※加齢や歯周病などにより、歯肉や骨の退縮などにより、使いづらい入れ歯になる場合もあります。

当院では、しっかり噛めて使える入れ歯を提供しております。
徹底した診査・診断を行い、印象採得や咬合採得、試適などの各製作過程において、ズレがあった場合は、前工程に戻り微調整を行うなど、こだわって製作しております。

入れ歯の種類と費用

入れ歯には大きく分けて2種類あります。
部分入れ歯(歯を部分的に補うもの)と総入れ歯(歯全体を補うもの)があります。
それぞれに保険と自費があります。

総入れ歯

総入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯 プラスチック義歯 保険適用
種類プラスチック義歯
治療費用保険適用

特徴

  • プラスチックでできてるため厚みがある
  • 金属のバネになる
  • 場所よって目立つ
部分入れ歯 金属床 自費
種類金属床
治療費用
(自費)
チタン床:
550,000円(税込)
コバルトクロム床:
385,000円(税込)

特徴

  • 金属のため熱が伝わりやすい
  • 食事が楽しくなる
  • 金属部分が薄いので違和感が少ない
  • 金属のバネになる
  • チタンはアレルギー反応を起こしにくい
  • コバルトクロムはチタンに比べると重量がある
部分入れ歯 ノンクラスプデンチャーと金属床 自費
種類ノンクラスプデンチャー + 金属床
治療費用
(自費)
チタン床:
550,000円(税込)
コバルトクロム床:
385,000円(税込)

特徴

  • 金属のバネがないので目立ちにくい
  • 自然な見た目になる
  • プラスチックの義歯より薄く弾力があるのでフィット感がある
  • 金属のフレームを使っているので安定感がある
種類ノンクラスプデンチャー(金属なし)
治療費用
(自費)
220,000円(税込)

特徴

  • 金属のバネがないので目立ちにくい
  • 自然な見た目になる
  • プラスチックの義歯より薄く弾力があるのでフィット感がある

総入れ歯

総入れ歯 プラスチック義歯 保険適用
種類プラスチック義歯
治療費用保険適用

特徴

  • プラスチックでできてるため厚みがある
  • 金属のバネになる
総入れ歯 金属床 自費
種類金属床
治療費用
(自費)
チタン床:
550,000円(税込)
コバルトクロム床:
385,000円(税込)

特徴

  • 金属のため熱が伝わりやすい
  • 食事が楽しくなる
  • 金属部分が薄いので違和感が少ない
  • チタンはアレルギー反応を起こしにくい
  • コバルトクロムはチタンに比べると重量がある
総入れ歯 精密義歯 自費
種類精密義歯
治療費用
(自費)
330,000円(税込)

特徴

  • 自然な見た目で外れにくく、フィット感が良い
  • 安定感があり、装着しても痛みがなくよく噛める
  • 食事や会話が快適にできる

その他 費用

個人トレー1,100円(税込)
型取り代1回 5,500円(税込)
咬み合わせ代1回 5,500円(税込)
仮合わせ代1回 5,500円(税込)
金属床仮合わせ代1回 5,500円(税込)

入れ歯のあれこれ

入れ歯の取り扱いについて

新しい入れ歯は慣れるまでに少し時間がかかります。
慣れるまでは無理をせず、大きなかたまりや極端に硬い食べ物は避けてください。

入れ歯があたって痛いときは、我慢せずに外し、早めに歯科医院で調整してください。

年齢とともに入れ歯を支えるあごが変化していきます。
ご自身では調子がいいつもりでも、意外と合わなくなっていることあります。

残った歯や土手の部分に無理な力が加わらないように半年に一度は調整してください。

入れ歯の取り外しの際、バネの部分に無理な力を加えないようにしてください。

入れ歯のお手入れ方法

夜寝る時には外していただき、お水を流しながらスポンジの柔らかい部分で歯の部分・針金部分・内側を優しく洗浄してください。
入れ歯を洗う際、誤って手から落ちてもいいように洗面器のようなものの中で汚れを落とすようにしてください。
歯磨き粉をつけたり強くこすりすぎると細かい傷がつき汚れや臭いの原因になります。
洗い終わったらケースにお水を入れその中で保管してください。
乾燥すると変形することがあります。
容器のお水は毎日交換してください。
消毒のため週1度入れ歯洗浄剤を使用してください。