HOME > 歯科ブログ > 口腔ケア > 知っているようで知らない入れ歯安定剤のデメリット

歯科ブログ

< 寝起き歯磨きのススメ  |  一覧へ戻る  |  虫歯菌を減らす4つの方法 >

知っているようで知らない入れ歯安定剤のデメリット

知っているようで知らない入れ歯安定剤のデメリット入れ歯安定剤は合わない入れ歯を安定させるために使われます。
通常、歯科医師は使用を積極的に勧めることはありません。
入れ歯安定剤を長く使用すると、どのようなデメリットがあるのかご案内致します。

入れ歯安定剤を使うときはつけすぎない事
入れ歯を経由してなるべく歯茎への刺激が伝わるようにという意味なんです。


歯茎と入れ歯の間に入れ歯安定剤がクッションのように挟まってしまうと、入れ歯からの刺激が歯茎に伝わりにくくなります。
そのため歯茎がやせ細ってしまうのです

安全性には十分配慮されているが、入れ歯安定剤は化学薬品を使用しているので、まれにアレルギーなどの反応を示す人もいます。
期間を限定して一時的に使う分には入れ歯安定剤はとても便利なものです。
合わない入れ歯はなるべく早く調整してください。

カテゴリ:

< 寝起き歯磨きのススメ  |  一覧へ戻る  |  虫歯菌を減らす4つの方法 >

同じカテゴリの記事

災害時の歯磨き

災害時の歯磨き

災害時の水は貴重品です。
普段何気なく使っていた水も災害時は優先事項を考えながら使う必要があります。


災害時の歯磨きの続きを読む

歯磨きの仕方の豆知識

歯磨き方法

皆さん歯磨きをする際、歯ブラシをどちらの手で待ち、どこから磨き始めますか?
右利きの人は右手、左利きの人は左手で持つと思います。


歯磨きの仕方の豆知識の続きを読む

舌磨きの頻度や仕方

舌磨き

舌磨きは行っていますか?
今回は、舌のクリーニングのコツや頻度、仕方などについて書きたいと思います。


舌磨きの頻度や仕方の続きを読む

歯間ブラシについて

歯間ブラシ

歯ブラシのブラッシングに比べ歯間ブラシの使い方は、まだまだ知られていない事が多いと感じます。
今回は、『歯間ブラシのサイズ』『正しい使い方』『ブリッジ部には歯間ブラシ』について書きたいと思います。


歯間ブラシについての続きを読む

歯周病について

歯周病 中高年の方の8割が歯周病にかかっていると言われています。
さらに、25歳を過ぎたあたりから、8割以上の方がなんらかの歯周病症状が出始めており、年齢とともに進行しているとも言われております。

今回は歯周病を引き起こす原因について説明致します。

歯周病についての続きを読む

このページのトップへ