HOME > 歯科ブログ > 脳卒中と口腔機能 > 脳卒中について vol.4

歯科ブログ

< 脳卒中について vol.3  |  一覧へ戻る  |  インプラントオペ >

脳卒中について vol.4

今回は脳卒中による盲次脳機能障害の局在性について触れたいと思います。

脳卒中についてのバックナンバーはこちら

左の側頭葉に言語中枢があるので、そこに、脳卒中病変がでると、失語症になることがあります。
右片マヒの方に失語症が多く、約80%の方にでるとの事です。
失語症の種類としては、下記のの5つあります。

  1. 運動性失語(ブローカ失語)
  2. 感覚性失語(ウェルニッケ失語)
  3. 伝導失語
  4. 健忘失語
  5. 全失語

運動性失語とは

理解はできるけど、返事をする言葉がでない状態

感覚性失語とは

ペラペラしゃべるんだけど、聞かれたことに対して返事はできない。
錯誤が多いそうです。
従って実際の対応としては、患者さんは理解出来て単語をこちらは復唱して、コミュニケーションをとっていきます。

伝導失語とは

主に復唱が障害をうけるもので、「こんにちは」と声かけられて、「こんこんは」あるいは言葉がでないそうです。

健忘失語とは

単語が思いつかず、言葉がなかなか出てこないことや、同じ言葉を繰り返すそうです。

全失語とは

発話、聴いて理解する、書字を書くなどすべての言語機能が障害されるものだそうです。
よって、「はい」、「いいえ」で答えられる質問をし、理解できたら、伝わったことをはっきり伝えるようにします。


植田先生によれば、失語はリハビリテーションの障害因子にはならないとのことです。




次に大脳の右側頭葉と後頭葉には、認知機能を司る中枢があります。
その部分に脳卒中がおきると、失認になります。
視覚、聴覚、触覚などの感覚は異常はないのに、物を認識できなくなる状態です。
失認のある場合、対応の方法としては、『Tell』『show』『do』『touch』の4つが大切です。



認知症の患者さんへの対応について

植田先生は高次脳機能障害の話につづいて、認知症の対応についても講義されました。
訪問講義の現場で、はじめは、歯科医師の指をかんだり、大声をあげたりと治療を拒否していたのが、その後の取り組みによって、新しい入れ歯で食事を楽しんでおられる患者さんの例をあげながら、あきらめずに取り組んでいくことの大切さを強調されてました。
さらに、入れ歯を使わないままにしておくと、筋という筋肉は廃用萎縮といってやせほそっていってしまいます。
それを、防ぐために、入れ歯をつかって、タッピング運動、嚙あわせる動作の練習をして、リハビリテーションをすすめていくことが大切であるとおっしゃっておられました。


カテゴリ:

< 脳卒中について vol.3  |  一覧へ戻る  |  インプラントオペ >

同じカテゴリの記事

脳卒中について vol.3

前回の間接訓練について、それぞれの訓練方法について、詳しく説明したいと思います。

脳卒中についてのバックナンバーはこちら

脳卒中について vol.3の続きを読む

脳卒中について vol.2

訪内治療の現場ではもちろんのこと、治療室で可能な摂食機能検査を3つ触れたいと思います。


  1. オーラルディアドコモネシス
    口腔機能の巧緻性を評価します。
    『パ』『タ』『カ』『ラ』をそれぞれ発音してもらい、10秒間に言える回数を数えます。
    パは口唇閉鎖機能。
    『タ』『カ』『ラ』は食塊の送り込み動作と関連します。

  2. 反復唾液嚥下テスト
    自分の唾液を飲み込んでもらうようにして行います。
    30秒間に何回できるか、のどぼとけに指をあてて、回数を数えます。
    30秒に2回以下だと嚥下障害の疑いありとします。

  3. ブローイング
    ストローでコップの水の中に空気をふきこみ、ブクブクできる持続時間をはかります。
    口腔、咽喉頭を含めた上体の総合評価をします。

脳卒中について vol.2の続きを読む

脳卒中について vol.1

2016年7月24日(日)
日本大学歯学部で、植田耕一郎先生のセミナを受けてきました。
内容は摂食嚥下リハビリテーションについてです。
講義の中で、話をされた脳卒中について、触れていたいと思います。

食嚥下のステージには、下記5つのステージがあります。

  1. 先行期
  2. 咀嚼期
  3. 口腔期
  4. 咽頭期
  5. 食道期

脳卒中にかかった患者さんのうち、咀嚼期、口腔期の障害をもった患者さんの割合は約3割との事でした。
主な訴えをあげると、下記のような訴えをされるそうです。

脳卒中について vol.1の続きを読む

このページのトップへ