HOME > 歯科ブログ > 脳卒中と口腔機能 > 脳卒中について vol.1

歯科ブログ

< インプラント手術  |  一覧へ戻る  |  脳卒中について vol.2 >

脳卒中について vol.1

2016年7月24日(日)
日本大学歯学部で、植田耕一郎先生のセミナを受けてきました。
内容は摂食嚥下リハビリテーションについてです。
講義の中で、話をされた脳卒中について、触れていたいと思います。

食嚥下のステージには、下記5つのステージがあります。

  1. 先行期
  2. 咀嚼期
  3. 口腔期
  4. 咽頭期
  5. 食道期

脳卒中にかかった患者さんのうち、咀嚼期、口腔期の障害をもった患者さんの割合は約3割との事でした。
主な訴えをあげると、下記のような訴えをされるそうです。

  • 片側のみで噛んでいる
  • 口から食事や唾液をこぼす
  • 食事を丸飲みしている
  • 味噌汁や水によくむせる
  • 麻痺例の口腔前庭に食物がたまる
  • 麻痺側の頬をよく噛んでしまう
  • 顔がしびれて食べ物の味がしない
  • 口が乾いて 飲み込みにくい
つまりたいていの患者さん達は口から食べているのであり、多くの場合、咀嚼期、口腔期に問題があるということ。
食べてるけど、ちゃんと食べれていない人の方が多いということでした。
維持期の患者さんたちには、おいしく楽しくしてもらいたいですね。


次に脳卒中の評価と対応について話がありました。
脳卒中には4つの麻痺があります。
  • 片麻痺
  • 交代性片麻痺
  • 仮性球麻痺
  • 球麻痺
片麻痺と交代性片麻痺の2つで、全体の70%とのこと。
それぞれについて、触れたいと思います。

片麻痺

大脳の左右のどちらかで脳卒中にかかると、反対側の手足に麻痺がでます。
これを片麻痺といいます。
麻痺の出方、程度は人それぞれ個人差があります。
片麻痺の方の場合、お口の障害は、咀嚼期障なので、誤嚥の心配はしなくてよいとのことで治療は普通にできます。
リハビリテーションの訓練も間接訓練、直接訓練のどちらもOKです。
直接訓練というのは、ゼリーや、水を使って行う訓練のこと。
間接訓練とは、筋トレ、マッサージなど、食物や飲み物は使わないで行う訓練のことです。
神経支配とついての説明ですが、顔面の上半分は、両側性の支配、下半分は片側性の支配なので、額のシワをつくれたら、嚥下は大丈夫とのこと、咽喉部の神経支配は両側性だそうです。

代性片麻痺

中枢神経の橋の部分に、病変ができると、顔と手足のまひが逆側にでるものです。
交代性片麻痺の場合、お口の障害は、咀嚼期障害、口腔期障害なので、誤嚥の心配はないとこのこと。
よって、歯科治療はOKで、訓練も、間接、直接ともに大丈夫。

仮性球麻痺

これは両側の大脳病変。多発性の脳梗塞ができるとおこります。
両側性に片麻痺ができます。
大公害の特徴とも言える病態で、介護の現場は大変だそうです。
嚥下の障害は、先行期障害、準備期障害、口腔期障害、咽頭期障害、食道期障害とさまざまです。
嚥下はできるはずですが、うまくコントロールできないことが多いそうです。
よって歯科治療は誤嚥させないように注意が必要で、訓練は間接はOK。直接は注意が必要です。

球麻痺

これは、中枢神経の延髄に病変ができたときにおこります。
延髄にはえん中枢があるので、球麻痺のある患者さんは嚥下の咽頭期障害があり、誤嚥のリスクがあります。
従って歯科治療は注意が必要で、訓練は間接のみになります。


次回は摂食機能検査について触れたいと思います。

カテゴリ:

< インプラント手術  |  一覧へ戻る  |  脳卒中について vol.2 >

同じカテゴリの記事

脳卒中について vol.4

今回は脳卒中による盲次脳機能障害の局在性について触れたいと思います。

脳卒中についてのバックナンバーはこちら

脳卒中について vol.4の続きを読む

脳卒中について vol.3

前回の間接訓練について、それぞれの訓練方法について、詳しく説明したいと思います。

脳卒中についてのバックナンバーはこちら

脳卒中について vol.3の続きを読む

脳卒中について vol.2

訪内治療の現場ではもちろんのこと、治療室で可能な摂食機能検査を3つ触れたいと思います。


  1. オーラルディアドコモネシス
    口腔機能の巧緻性を評価します。
    『パ』『タ』『カ』『ラ』をそれぞれ発音してもらい、10秒間に言える回数を数えます。
    パは口唇閉鎖機能。
    『タ』『カ』『ラ』は食塊の送り込み動作と関連します。

  2. 反復唾液嚥下テスト
    自分の唾液を飲み込んでもらうようにして行います。
    30秒間に何回できるか、のどぼとけに指をあてて、回数を数えます。
    30秒に2回以下だと嚥下障害の疑いありとします。

  3. ブローイング
    ストローでコップの水の中に空気をふきこみ、ブクブクできる持続時間をはかります。
    口腔、咽喉頭を含めた上体の総合評価をします。

脳卒中について vol.2の続きを読む

このページのトップへ