HOME > 歯科ブログ > 要介護者への口腔ケア > 介助みがきについて

歯科ブログ

< 災害時の歯磨き  |  一覧へ戻る  |  配偶者が「ハズレ」だと、自分が認知症に「当たる」? >

介助みがきについて

今回は介助みがきについて書きたいと思います。
主な内容は以下となります。
  • 歯ブラシの持ち方
  • ワンタフトの使い方
  • 歯周ポケット
  • 視野の確保

歯ブラシの持ち方

歯ブラシ

歯ブラシの持ち方の基本は、鉛筆持ちです。
しかし、綺麗に歯を磨くためにはいろいろな工夫が必要です。

介助磨きをするときには、歯ブラシを短く持ち、ヘッドに近い部分を持つと、とてもコントロールしやすくなります。
そうすることで、細かく素早く歯ブラシを動かすことができます。

介助磨きの場合は、患者さんの動きに合わせる必要もあるため、コントロールしやすい方が磨きやすいです。


視野の確保

視野の確保

歯磨きの時は、どこを磨いているか確認しながらやると、しっかり磨けます。

介助者の指を頬の内側にあてて、視野を確保しましょう。

ミラーで引っ張ると、患者さんが痛い思いをすることもあるかもしれません。
指を使えば、痛くもありません。

これで十分視野を確保できます。


ワンタフトの使い方

ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシは普通の歯ブラシでは磨き切れなかった部分に活躍する部分磨き用のブラシです。
毛先の部分が小さくまとまっているため、細かい部分や狭い部分なども磨きやすくなっています。

ポイントとしては、奥歯にワンタフトブラシの毛先を差し込むようにして磨くことです。
歯と歯の間に毛先を入れるようにして磨くのもいいでしょう。


歯周ポケット

歯周ポケット

歯磨きの時、磨きにくい場所はいろいろあります。
奥歯や前歯の裏側、歯と歯の間などですが、歯周ポケットもその一つです。

歯と歯肉の境目の歯周ポケットを磨くときには、ブラシのヘッドのすぐ近くをつまむようにして持つといいですよ。
細かく動かせられるので、歯周ポケットも上手に磨けます。

介助磨きでの歯周ポケットの掃除は、歯ブラシのつまみ持ちを試してみて下さい。



カテゴリ:

< 災害時の歯磨き  |  一覧へ戻る  |  配偶者が「ハズレ」だと、自分が認知症に「当たる」? >

同じカテゴリの記事

歯磨きの仕方の豆知識

歯磨き方法

皆さん歯磨きをする際、歯ブラシをどちらの手で待ち、どこから磨き始めますか?
右利きの人は右手、左利きの人は左手で持つと思います。


歯磨きの仕方の豆知識の続きを読む

舌磨きの頻度や仕方

舌磨き

舌磨きは行っていますか?
今回は、舌のクリーニングのコツや頻度、仕方などについて書きたいと思います。


舌磨きの頻度や仕方の続きを読む

歯間ブラシについて

歯間ブラシ

歯ブラシのブラッシングに比べ歯間ブラシの使い方は、まだまだ知られていない事が多いと感じます。
今回は、『歯間ブラシのサイズ』『正しい使い方』『ブリッジ部には歯間ブラシ』について書きたいと思います。


歯間ブラシについての続きを読む

入れ歯について

口腔内チェック方法

入れ歯の口腔内チェック

外した入れ歯には、色々な情報を教えてくれる手掛かりが沢山あります。

注目するのは、汚れている部分の食べ残しなどが付着しているところはありませんか?
いつも同じ場所が汚れているようなら要注意。


入れ歯についての続きを読む

嚥下(えんげ)障害を引き起こす疾患の特徴

嚥下障害

嚥下障害とは
食事をする際、『物を口に入れる』『噛む』『飲み込む』という一連の動作を行いますが、『飲み込む』ことが何らかの原因により上手く出来ない事を嚥下障害と言います。
ここでは、嚥下障害を引き起こす疾患の特徴をご紹介いたします。



嚥下(えんげ)障害を引き起こす疾患の特徴の続きを読む

このページのトップへ