HOME > 歯科ブログ > 口腔ケア > 歯茎から出血。改善する4つのポイント

歯科ブログ

< 歯周ポケットは浅いうちに退治する!  |  一覧へ戻る  |  虫歯?歯周病?それぞれ合った歯ブラシはコレ! >

歯茎から出血。改善する4つのポイント

歯茎から出血。改善する4つのポイント 歯茎からの出血は歯肉炎や初期の歯周病によるものが大半です。
出血したときは、なるべく早く歯科医師の診療をしてもらいましょう。


改善する4つのポイントをご説明します。

普段の口腔ケアで注意する4つのポイント

  1. やわらかい歯ブラシで歯茎を優しくブラッシングします。硬い歯ブラシでごしごし磨くと出血もひどくなってしまう。
  2. 殺菌効果のあるジェル状の歯磨き粉がおススメです。
    研磨材を含まれ刺激の強い歯磨き粉では傷ついた歯茎にさらにダメージを与えることがあります。
  3. 出血が収まってきたらデンタルフロスを使いましょう。
    しばらくは歯茎にあたらないように歯茎から離した状態で使いましょう。
  4. 洗口剤はアルコール成分を含まないものを選びましょう。
    アルコール成分が歯茎に刺激を与え、口腔内を乾燥させるため、出血がひどくなる可能性があります。

歯科医院での治療も忘れないでください。

カテゴリ:

< 歯周ポケットは浅いうちに退治する!  |  一覧へ戻る  |  虫歯?歯周病?それぞれ合った歯ブラシはコレ! >

同じカテゴリの記事

災害時の歯磨き

災害時の歯磨き

災害時の水は貴重品です。
普段何気なく使っていた水も災害時は優先事項を考えながら使う必要があります。


災害時の歯磨きの続きを読む

歯磨きの仕方の豆知識

歯磨き方法

皆さん歯磨きをする際、歯ブラシをどちらの手で待ち、どこから磨き始めますか?
右利きの人は右手、左利きの人は左手で持つと思います。


歯磨きの仕方の豆知識の続きを読む

舌磨きの頻度や仕方

舌磨き

舌磨きは行っていますか?
今回は、舌のクリーニングのコツや頻度、仕方などについて書きたいと思います。


舌磨きの頻度や仕方の続きを読む

歯間ブラシについて

歯間ブラシ

歯ブラシのブラッシングに比べ歯間ブラシの使い方は、まだまだ知られていない事が多いと感じます。
今回は、『歯間ブラシのサイズ』『正しい使い方』『ブリッジ部には歯間ブラシ』について書きたいと思います。


歯間ブラシについての続きを読む

歯周病について

歯周病 中高年の方の8割が歯周病にかかっていると言われています。
さらに、25歳を過ぎたあたりから、8割以上の方がなんらかの歯周病症状が出始めており、年齢とともに進行しているとも言われております。

今回は歯周病を引き起こす原因について説明致します。

歯周病についての続きを読む

このページのトップへ