HOME > 歯科ブログ > 口腔ケア > 歯周病について

歯科ブログ

< 口すすぎの回数は歯磨き粉の種類で決める!  |  一覧へ戻る  |  入れ歯について >

歯周病について

歯周病 中高年の方の8割が歯周病にかかっていると言われています。
さらに、25歳を過ぎたあたりから、8割以上の方がなんらかの歯周病症状が出始めており、年齢とともに進行しているとも言われております。

今回は歯周病を引き起こす原因について説明致します。

歯周病を引き起こす因子

  1. 細菌因子
  2. 環境因子
  3. 不完全な口腔ケア、喫煙、ストレス、偏った食生活

  4. 生体因子
  5. 病気や加齢によって歯周病への抵抗力がダウン

  6. 遺伝因子
  7. 歯周病になりやすい要因が遺伝

上記要因よることが考えられています。
その為、年齢とは無関係なのです!
日ごろの口腔ケアと定期的に歯医者での歯周病予防が不可欠です。


カテゴリ:

< 口すすぎの回数は歯磨き粉の種類で決める!  |  一覧へ戻る  |  入れ歯について >

同じカテゴリの記事

口すすぎの回数は歯磨き粉の種類で決める!

口すすぎの回数は歯磨き粉の種類で決める!歯磨きでは必ず歯磨き粉を使う必要はありません。
水だけで汚れは十分落とせます。

ただし、用途が明確なら歯磨き粉を使う意味があります。
そんな時に注意したいのが、歯磨き後の口すすぎの回数です。
歯磨き粉の用途によって適切な回数があります。

口すすぎの回数は歯磨き粉の種類で決める!の続きを読む

チョコレートの上手な食べ方

チョコレートの上手な食べ方チョコレート大好きな人、多いと思います。

チョコレートというと虫歯になる歯の大敵と思われていますが、そのイメージは正しくありません。
チョコレートで虫歯にはなりません。

チョコレートの上手な食べ方の続きを読む

口や舌がピリピリするのは?

口や舌がピリピリするのは?口や舌がピリピリするという経験。
大半は一時的なものですぐに治りますが、注意が必要なものもいくつかあります。

口や舌がピリピリするのは?の続きを読む

舌の口内炎を治すには?

舌の口内炎を治すには?口内炎は舌にできてしまうと痛いだけでなく治りにくいので憂鬱になってしまいますよね。
舌の口内炎を上手に治す方法をお伝えします。
口腔ケアの基本中の基本。

まず、しっかりとした口腔ケアです。
口の中の雑菌を少なくして、清潔に保つことで口内炎の進行を抑えて治りを早くします。

そして、口内炎の軟膏を塗ります。
舌に軟膏を塗るので、難しいですよね。
それに舌は口の中でよく動くため、塗った薬もすぐ取れてしまいがちです。

そこで小さく切ったガーゼを活用します。
ガーゼに軟膏をたっぷりつけて舌の口内炎に貼り付けます。
口腔ケアのあとに貼るのが効果的です。

長時間貼ったままにしておくと誤嚥の危険もありますので、30分ほどでガーゼは取り除いてください。
ストレスの少ない規則的な生活を送ることも大切です。

フロスが苦手な人には糸ようじ!

フロスが苦手な人には糸ようじ! 歯の汚れ落としに大きな力を発揮するのがデンタルフロスです。
「でも扱いが難しくて」という人がいるかもしれません。
口腔ケアの介助をするときなど、なかなかスムーズにできないということもあるかもしれません。

フロスが苦手な人には糸ようじ!の続きを読む

このページのトップへ